• バリエーション
  • 株式公開支援
  • 組織再編
  • 会計・税務
  • 内部統制構築支援

HOME / 業務概要 / Advisory Service / IPOアドバイザリーサービス / 開示資料作成支援

IPOアドバイザリーサービス

  • 事業計画・資本政策作成支援業務
  • 内部体制構築支援
  • 開示資料作成業務

開示資料作成支援

1.公認会計士・税理士が行う

開示資料作成支援は、証券取引法に基づき作成が必要とされる書類等についての作成支援業務です。 スパイラルでは、大手監査法人で監査経験を有する公認会計士を中心とした2〜3名のチーム編成で、作成支援を実施しております。近年の様々な動向を取り入れた形で積極的な開示資料の作成を支援いたします。

2.実績

弊社では、各新興市場に向けた開示資料の作成支援を行っております。主に、マザーズ・ヘラクレスを中心としながら、ジャスダックやその他取引所に対する作成支援も実施しております。
また、全体の作成でなく部分的に作成するケースや、2週間程度での作成という特急作業を行うケースもあります。

(具体例)

  • ITサービス提供会社
  • 人材ビジネス会社
  • ホスティングサービス会社
  • 梱包資材製造会社
  • インターネットリサーチ会社 etc

3.対象となる開示資料

対象となる開示資料は、上場申請時と上場承認後で大別すると以下のように分類されます。上場申請時の資料は、取引所での審査のために用いられるものであり、上場承認後の資料は金融庁へ提出されるものです。
届出書や目論見書は、Iの部を前提に作成できるため効率的な作成が可能となります。

市場 上場申請時 上場申請後
Iの部 IIの部 IIの部
代替資料
半期
報告書
四半期
報告書
届出書 目論
見書
マザーズ
ヘラクレス
ジャズダック

4.作成方法

弊社内でお客様専属のチームを構成いたします。開示経験豊富な公認会計士を中心に公認会計士・税理士等で2〜3名のチーム構成となります。
また、お客様の社内人材に応じて作成範囲を決定し、一定の期間で初稿を仕上げます。

【Iの部のケース】
≪チーム人数≫2〜3名
≪初稿期間≫1ヶ月〜2ヶ月
≪頻  度≫週2日程度
≪作成場所≫原則、お客様事務所内

【IIの部(含む、代替資料)のケース】
≪チーム人数≫2〜3名
≪初稿期間≫2ヶ月程度
≪頻  度≫週2〜3日程度
≪作成場所≫原則、お客様事務所内

5.業務区分の範囲

作成範囲等については、事前の打ち合わせにより明確にいたします。

業務内容

  • 業務概要
  • バリエーション
  • アドバイザリーサービス
  • IPO
  • M&A
  • ACCOUNTING
  • J-SOX
  • SPC
  • 監査及び周辺業務
  • 事業再生アドバイザリーサービス
  • IFRS
  • 人材紹介サービス
  • 教育コンテンツ提供サービス
  • 出版書籍

株価算定・ストックオプションの評価などのバリュエーション、資本政策・開示資料作成などの株式公開支援、企業再編に係るデューデリジェンスなどのM&A支援業務をはじめとした会計税務全般についてご相談をお受けしております。